西友は8月29日、食品や日用品約500品目を同日から平均で6〜10%程度値下げすると発表しました。

値下げの期間について、2017年8月30日付日本経済新聞は「約500品目のうち、およそ3分の1は6カ月間、残りは3カ月間値下げする。一部商品は、期間終了後の値下げ継続を検討する」と報じています。

花王の台所洗剤「キュキュット つめかえ用 385ミリリットル」は税抜き178円を同158円、味の素のスープの素「クノール カップスープ コーンクリーム」は同278円を258円、グリコのチョコレート菓子「アーモンドクラッシュポッキー」は同148円を128円にします。

同社は昨年11月にも約550品目を対象に値下げしました。値下げを定期的に実施することで、安値販売を印象づけたい考えです。

イオンも8月より約110品目のプライベートブランドを対象に値下げを開始しています。スーパーで値下げの動きが広がってきています。

【女子大生のハンバーガー店経営物語】女子大生の水谷すみれが、売り上げ低迷のハンバーガー店を立て直す経済小説。普通の大学生のすみれは経営理論を駆使して、巨大な敵に立ち向かっていく。マイケル・E・ポーターの『競争の戦略』と『競争優位の戦略』のエッセンスがわかる一冊。はたしてすみれはハンバーガー店を立て直すことができるのか。

 icon-arrow-circle-right 詳しくはこちら