日高屋を運営するハイデイ日高は9月1日から生ビールなどを値上げします。生ビール(中ジョッキ)は税込310円から同330円になります。

同社は値上げの理由として、原材料価格や物流費の上昇、人手不足を背景とする人件費の高騰を挙げています。

6月から酒税法などが改正したことも影響しています。仕入れ原価と販売管理費の合計を下回る金額でお酒を販売できなくなり、メーカーからのリベート(販売奨励金)も減っているため、コスト上昇圧力に晒されていました。

ハイデイ日高は生ビール以外のお酒も値上げしています。例えば、ハイボールを270円から280円、日本酒を300円から310円、ホッピーセットを370円から380円にしています。値上げしたお酒は10〜20円が上乗せされました。お酒以外では、餃子やイカ揚げを値上げしています。

スーパーでは先行して値上げが行われていました。スーパーはお酒を安売りして集客の目玉としていましたが、お酒は数ある商品の中の一部にすぎず、他の商品で代替しやすいためです。一部の商品の値上げが必ずしも客離れにはつながりません。

一方、外食業界ではお酒が中核商品であることが少なくないため、お酒の値上げが客離れにつながる可能性が低くありません。そのため簡単に値上げができず、多くの飲食店が値上げを躊躇している状態です。

大手は企業努力で価格を据え置いていたところがほとんどでしたが、ハイデイ日高が値上げしたことで同業他社が追随する可能性があります。

鳥貴族は10月から全品均一価格280円(税別)から298円(同)に値上げすると発表しています。原材料価格の高騰や酒税法などの改正を理由としています。

串カツ田中も値上げしました。2017年9月1日付日本経済新聞は「串カツ田中もビールやホッピーセット、各サワーなどを390円から399円に値上げした」と報じています。

飲食店でも値上げの動きが広がる可能性がありますが、行う場合は細心の注意が必要でしょう。値上げ幅を小幅にとどめたり、98円や99円といった端数価格にとどめるといったことが求められそうです。

【無料メールマガジン】メルマガ「売上倍増戦略講座」が無料です。

下記フォームからお申し込みください

 

空メールでも登録できます