ローソンは書籍の販売を強化していくようです。

2017年9月25日付日経MJは「ローソンはコンビニエンスストアで書籍専用の棚の設置を広げる。現在は全店の2割弱にあたる約2500店に設けており、2018年2月末までに設置店を2割多い3000店まで増やす計画」と報じました。

ローソンは15年から書籍専用の商品棚の設置を本格化させてきました。平積みもできる、幅60cm、高さ1m20cmの棚を2本設け、小説や雑学の文庫、ビジネス書、料理や健康の実用書など人気の本を約75種類取り揃えています。

14年6月から専用棚で販売を行った結果、雑誌と書籍を合わせた売上高は約1割増加し、書籍購入客の再来店の確率は一般客と比べ約20ポイント高かったため、本格導入を決めたといいます。

書店が減り続けるなか、書籍棚の設置店を拡大することで書籍を買いたいという需要を取り込み、来店客の増加につなげたい考えです。

競合のコンビニも書籍や雑誌の需要の掘り起こしを進めています。

セブン―イレブン・ジャパンは、店舗で雑誌を取り置きできるサービス「雑誌お取置きサービス」《セブン、雑誌の取り置きサービスを開始》をこのほど始めました。2000種類以上の定期刊行誌が対象で、欲しい雑誌を毎号、指定のコンビニで受け取れます。

ファミリーマートはコンビニと書店が一体化した店舗を増やしています。例えば、7月にオープンした「ファミリーマート+西村書店加西店」(兵庫県加西市)では約10万冊の書籍を取り揃え、書籍コーナーとコンビニ部分の仕切りがなく、自由に行き来ができるレイアウトになっているといいます。

【無料メールマガジン】メルマガ「売上倍増戦略講座」が無料です。

下記フォームからお申し込みください

 

空メールでも登録できます