ドトールコーヒーは9月1日から非正規従業員向けの退職金制度を導入しました。

社会保険に加入し、3カ月平均で週30時間以上勤務する、ドトールコーヒーの直営店、工場、本社などの従業員が対象です。人手不足が深刻化するなか、福利厚生を拡充することで人材をつなぎとめたい考えです。

ドトールはオリックスが提供する確定給付型の企業年金基金を活用します。ドトールが毎月100円を積み立て、従業員は概ね月給の10%以内で、最大2万円まで積み立てることができます。

年間の利率は国債の応募者利回りをもとに決まります。積立額の相当分、所得が減るため、所得税や社会保険料の支払額を減らすことができます。また、これにより年間労働時間を増やすことが可能になるといいます。退職金として受け取った際は、一定額までは非課税となります。

従業員の意思で加入を選択できる、確定給付型の企業年金基金を活用した非正規従業員向けの退職金制度の導入は飲食業界では初めてといいます。ドトールはこうした従業員のメリットの大きい制度を導入することにより、長く働く非正規従業員を増やしたい考えです。

【無料メールマガジン】メルマガ「売上倍増戦略講座」が無料です。

下記フォームからお申し込みください

 

空メールでも登録できます