イオンがアウトレット主体の新型ショッピングセンター(SC)を出すようです。

2017年10月4日付日本経済新聞は「イオンはアウトレットを主体とする新型ショッピングセンター(SC)を出す。複合映画館(シネコン)やスケートリンクで楽しむといった『コト消費』に対応した施設を多く取り入れ、地元の観光資源を生かした店づくりもする」と報じました。

新SCの名称は「THE OUTLETS(ジ・アウトレット)」(同記事)とするようです。「イオンモール」は使いません。「来春に広島市で開業する施設が1号店となる」(同記事)ようです。

売り場構成は「半分以上を衣料品やスポーツ用品などのアウトレットとする。残りは主に飲食やシネコンなどのサービスやアミューズメントに割き、通常の衣料品テナントなどは入れない」(同記事)ようです。

また、「地元との連携も強化する。広島では野球やサッカーなどのプロチームと提携し、ゲーム感覚で運動できる施設の導入を検討。地元企業をテナントに積極誘致し、名産品などの販売拠点にする」(同記事)ようです。

イオンは全国に約150の商業施設を展開しています。イオンモールのほか、「コト消費」を重視したファミリー向けの「イオンスタイル」を出店するなど店舗網を拡大していますが、成長に頭打ち感が見える状況です。そうしたなか、同社初となるアウトレット主体のSCを出店することで、新たな収益源を育てたい考えです。

ただ、アウトレット市場は曲がり角を迎え、競争は激しくなっています。百貨店などでもセールが拡大し、「ゾゾタウン」などのネット販売や「メルカリ」などによる中古品の個人売買が拡大しているため、アウトレットの魅力は薄れてきています。

そのような状況で新SCを成功させるには、「地元との連携」がカギとなりそうです。単にアウトレット商品を販売するだけでは競合には勝てません。付加価値が必要です。

そこでイオンが目をつけたのが、「広島にある野球やサッカーなどのプロチーム」です。おそらく、プロ野球球団の「広島カープ」やプロサッカークラブの「サンフレッチェ広島」を想定していると思われますが、こういった地元のプロチームと連携することでそのファンを取り込み、スポーツ用品の販売につなげたい考えがありそうです。

また、スポーツに関心がない人にも興味をもってもらい、販売につなげたい考えもありそうです。その際、正規販売だと高額の費用がかかるという理由で購入を断念してしまう人が出てくると考えられますが、アウトレット販売であれば購入費用を抑えることができるため、そういった人たちを取り込むことが可能となるでしょう。

地元企業も積極的に誘致することで、”地元ならでは”となる場にもしたい考えです。

【無料メールマガジン】メルマガ「売上倍増戦略講座」が無料です。

下記フォームからお申し込みください

 

空メールでも登録できます