回転ずしチェーン「かっぱ寿司」を運営するカッパ・クリエイトは、11月1日から期間限定で食べ放題キャンペーンを全店で実施します。また、11月下旬から首都圏の十数店舗で、すし1皿1貫を税別50円で提供する実験を開始します。

食べ放題を6月に店舗限定で試験的に実施したところ、通常営業時の約3〜4倍の客が来店し、開催期間中の来店者数は11万人を超えたといいます。8月、9月にも実験を重ね、「食べホー」と題して全店での実施に踏み切る形です。

アイドルタイムと言われる平日の午後2時〜5時に全店で実施し、男性は税別1580円、女性は同1380円、小学生は同780円、65歳以上は同980円、小学生未満は無料ですしなどが食べ放題となります。

さらに、11月下旬からすし1貫を50円で提供する実験を首都圏の十数店舗で始めます。通常1皿2貫を100円で販売していますが、気軽に注文できるようにします。皿洗いなどの手間が増えますが、客は色々なネタを食べられるようになるので、顧客満足が高まると見ているようです。

カッパ・クリエイトの業績は低迷しています。17年3月期には58億円の最終赤字を計上しています。食べ放題や1貫50円など話題性のあるキャンペーンを行うことで業績を回復させたい考えです。

【女子大生のハンバーガー店経営物語】女子大生の水谷すみれが、売り上げ低迷のハンバーガー店を立て直す経済小説。普通の大学生のすみれは経営理論を駆使して、巨大な敵に立ち向かっていく。マイケル・E・ポーターの『競争の戦略』と『競争優位の戦略』のエッセンスがわかる一冊。はたしてすみれはハンバーガー店を立て直すことができるのか。

 icon-arrow-circle-right 詳しくはこちら