ラーメンチェーン大手の幸楽苑ホールディングス(HD)は、ステーキ店を展開するペッパーフードサービスとフランチャイズチェーン契約を結びました。

福島市内にあるラーメン店「幸楽苑」の店舗を12月下旬にステーキ店「いきなり!ステーキ」に転換します。ラーメン店と直接競合しないステーキ店を展開することで自社競合を回避したい考えです。

また、11月1日付日経MJは「幸楽苑HDは『伝八』の店名で営業しているとんかつ店を、ペッパーフードの運営支援を受けて『いきなり!ステーキ』に切り替える」と報じています。

幸楽苑HDはグループで1000店体制を目指していますが、近年は500店台で推移し伸び悩んでいる状況です。一方、ペッパーフードは「いきなり!ステーキ」を約160店展開し、店舗数を伸ばしています。また、2018年度に200店の新規出店を計画しています。

幸楽苑HDは勢いがあるペッパーフードの力を借りて、店舗網の拡大と業績の向上を図りたい考えです。

幸楽苑HDの17年3月期の連結決算は、売上高が前年比1.0%減の378億300万円、本業の儲けを示す営業利益は83.1%減の1億4700万円、最終的な儲けを示す純利益は16.0%増の1億5400万円です。

ペッパーフードサービスの16年12月期の連結決算は、売上高が223億3300万円(当期より連結決算適用のため対前年比は省略)、営業利益は9億5800万円、純利益は5億7200万円です。

【無料メールマガジン】メルマガ「売上倍増戦略講座」が無料です。

下記フォームからお申し込みください

 

空メールでも登録できます