三井不動産は11月1日、衣料品が主体のインターネット通販サイト「Mitsui Shopping Park &mall(アンドモール)」をオープンしました。

同社が運営する商業施設「ららぽーと」などに入居するユナイテッドアローズ、シップス、洋服の青山など約200店舗、約3000ブランドの商品の閲覧・購入が可能です。衣料品のほか、家具・インテリアや雑貨、化粧品などのテナントが入っています。店舗は今後1年で約400店に増やす計画です。

約1000万人の顧客基盤を持つポイントカードをサイトでも利用可能にすることで利便性を高め、新たな販売機会を創出します。

サイトでは実店舗のスタッフやファッションのインフルエンサーが考えた服のコーディネートを提案するコーナーを設けています。提案された服を実店舗で試すことができることで他のネット通販との差別化を図っています。

サイトでは各店の在庫の確認ができます。商品の実物を見てから購入したい客や来店前に店に在庫があるかを確認したい客の利便性を高めています。これによりサイトと実店舗の共存を図りたい考えです。

欠品対策にも力を入れています。同社によると、店頭の在庫切れによる販売ロスは売り上げの10〜20%程度になるといいます。また、商業施設利用者の74%が欠品対応サービスを希望しているといいます。

サイトでは、店頭で欠品していても、タブレット端末で他店や倉庫の在庫を確認してその場で注文や支払いができます。商品は後日、自宅まで配送してもらえます。これにより、欠品による売り上げロスを防ぎたい考えです。送料は税込み378円で、1店舗で3000円以上の購入客は無料となります。

実店舗のスタッフの販売意欲を高める仕組みも導入しています。スタッフが提案した服のコーディネートがサイトに掲載され、そこから販売につながった場合はそのスタッフの実績として反映されます。

同社は自社で商業施設を持っているという強みがあります。その強みを生かし、テナントとして入居する実店舗とネット通販を融合させる「オムニチャネル」を構築し、台頭するアマゾンやゾゾタウンに対抗したい考えです。

【無料メールマガジン】メルマガ「売上倍増戦略講座」が無料です。

下記フォームからお申し込みください

 

空メールでも登録できます