米アマゾン・ドット・コムは不在宅の中まで商品を届けるサービス「アマゾン・キー」を米国の37都市で11月8日から始めます。

配達員はその時だけに付与される暗号通信を使ってドアの鍵を開け、荷物を宅内に置きます。受け取り手はセキュリティカメラを通じてその様子をスマートフォンで確認できるので、配達員の不正を防止できます。

アマゾンは同サービスを不在時の商品の配達だけでなく、ハウスクリーニングやペットの散歩代行などにも広げる考えです。

同サービスは「プライム」と呼ばれる有料会員が対象です。スマートキー(無線で解錠が可能な玄関の鍵)とカメラがセットで249.99ドル(約2万8000円)です。

日本での導入は未定です。米国での普及の様子から判断することになりそうです。もし導入されるのであれば、荷物の再配達が社会問題になるなか、同サービスがその解消に一役買う可能性があります。

ただ、セキュリティカメラで様子を確認できるとはいえ、見知らぬ人が家に入り込むという心理的な抵抗感を減らすことは容易ではありません。また、気軽に利用できる料金とは言い難い面があります。これらが、普及の妨げになりそうです。

とはいえ、ドアを開けてすぐの場所に置くだけなのでそこまで大きな抵抗感はないと言えるのかもしれません。費用に関しては、普及が進めばもう少し安くなる可能性は十分あるといえます。

似たようなサービスは広がりを見せています。米ウォルマートは注文された食料品を配達員が不在宅に入って冷蔵庫に入れるサービスの実証実験を始めています。

ウォルマート、冷蔵庫に直接配送の実験を開始。顧客不在時でも食料品を配達

【女子大生のハンバーガー店経営物語】女子大生の水谷すみれが、売り上げ低迷のハンバーガー店を立て直す経済小説。普通の大学生のすみれは経営理論を駆使して、巨大な敵に立ち向かっていく。マイケル・E・ポーターの『競争の戦略』と『競争優位の戦略』のエッセンスがわかる一冊。はたしてすみれはハンバーガー店を立て直すことができるのか。

 icon-arrow-circle-right 詳しくはこちら