ダスキンが運営する「ミスタードーナツ」は11月17日から軽食メニューを提供する「ミスドゴハン」を、一部を除く店で始めます。朝食や昼食での利用を取り込みたい考えです。

提供するメニューは、フランクフルトをパイで包んだ「フランクフルト」(税込み216円)など6種類のパイ、トーストの上にタマゴサラダをのせた「たまごマヨ」(同270円)など2種類のトースト、ハムとチーズクリームをドーナツで挟んだ「ハムチーズ」(同172円)など3種類のドーナツサンドです。

店内で食べる場合は、専用の新型オーブンで再度焼き上げます。11月16日付日経産業新聞によると「午前11時までは飲み物とのセットも用意する」といいます。

ミスドでは半分の店舗でヤムチャなどを提供していますが、朝の注文は多くないようです。これまで取り込めきれていなかった朝食需要と、軽食メニューを扱っていない店での昼食需要を掘り起こしたい考えです。

ミスドを中心とするダスキンのフード事業は、2017年4〜9月期の売上高が前年同期比9.6%減の183億円と大きく落ち込んでいます。これまでメニューのほとんどがドーナツだったため、喫茶での利用に偏っており、店舗の売り上げが落ち込んでいたとみられます。

【無料メールマガジン】メルマガ「売上倍増戦略講座」が無料です。

下記フォームからお申し込みください

 

空メールでも登録できます