11月16日木曜日、フランス産ワインの新酒「ボージョレ・ヌーボー」の販売が解禁されました。小売り各社が販売に力を入れています。

イオンリテールは16日、解禁となる午前0時に合わせ、イオンスタイル品川シーサイド(東京・品川)でカウントダウンイベントを開きました。

ボージョレの公式コンクールで最高金賞を受賞したワインや、特定地域のブドウでつくられたワイン、発泡性のワインなどを取り揃えています。全国のイオン系スーパーなどで販売します。

セブン&アイ・ホールディングスは全国のセブンイレブンや、イトーヨーカドー、そごう・西武など約1万9900店で販売します。

250ミリリットル入りの少量サイズのワインや、ソムリエの田崎真也氏がブレンドしてつくられたワインなどを取り揃えています。

ボージョレの解禁日は11月の第3木曜日です。時差の違いで、日本はフランスより早く解禁されます。ボージョレの輸入量は近年減少が続き、「2016年は4705キロリットルと、ピークだった04年からほぼ半減した」(11月17日付日経MJ)といいます。

ワイン通販の「エノテカ」による評価では、今年は「今世紀最高と称される2015年を上回る、芳醇さと優美さが魅力」としています。

【無料メールマガジン】メルマガ「売上倍増戦略講座」が無料です。

下記フォームからお申し込みください

 

空メールでも登録できます