衣料通販サイト「ゾゾタウン」を手掛けるスタートトゥデイは11月22日、プライベートブランド(PB)の名称を「ZOZO(ゾゾ)」とすることを発表しました。合わせて、ゾゾで活用する「ZOZOSUIT(ゾゾスーツ)」の無料配布(送料が別途必要)の予約を始めたことも発表しました。

PB商品を購入するには事前にゾゾスーツで採寸する必要があります。トップスとボトムスの上下セットとなっているゾゾスーツは伸縮センサー内蔵の採寸用ボディースーツで、身体の1万5000カ所のサイズを瞬時に正確に計測できるといいます。

得られたデータをBluetooth通信でスマートフォンに送信し、ゾゾのアプリに保存することができます。ゾゾはそのデータに基づいてジャストフィットの服を生産します。また、ゾゾに出店する他のアパレル企業の商品でも、最適なサイズで購入できるようになります。

これにより、消費者が衣料通販の利用をためらう大きな理由となっていた“サイズの不安”を解消することができます。ゾゾや出店する企業としては返品が減るため、収益の増加につながる可能性があります。

【無料メールマガジン】メルマガ「売上倍増戦略講座」が無料です。

下記フォームからお申し込みください

 

空メールでも登録できます