ドン・キホーテは11月27日、プライベートブランド(PB=自主企画)のノートパソコン「MUGA(無我)ストイックPC」を税別1万9800円で12月1日から販売すると発表しました。

「ウィンドウズ10」を搭載し、画面は高解像度のフルHDを採用しています。動画の再生に適した仕様にしました。一方、本体メモリを2ギガバイトと最小限に抑えるなど機能を最低限に絞ったことで低価格を実現しました。PB「情熱価格」の商品として発売します。

昨年の11月にはMUGAに先駆けて、「ジブン専用PC&タブレット」をPBとして1万9800円で発売しました。タブレット端末と着脱式キーボードがセットになったウィンドウズ搭載のパソコンです。発売から3カ月で5000台以上を売り上げたといいます。

ドンキは「最安値への挑戦」を掲げ、低価格の家電を相次いで投入しています。

3月に全国のドン・キホーテで発売したIH炊飯器は税別9980円と1万円を切る価格を設定しました。6月には50型の4K対応テレビを税別5万4800円で発売し、初回生産の3000台はわずか1週間で完売したといいます。

直近では、11月にワイヤレスイヤホンを税別5980円で発売しました。29日にはスマートフォンなどで遠隔操作ができるWi-Fi対応のロボットクリーナーを税別1万4800円で発売します。

【無料メールマガジン】メルマガ「売上倍増戦略講座」が無料です。

下記フォームからお申し込みください

 

空メールでも登録できます