マツモトキヨシホールディングス(HD)が第一生命ホールディングス(HD)と提携し保険を扱うようです。

11月29日付日本経済新聞は「まずは、首都圏にあるドラッグストア『マツモトキヨシ』の調剤併設店8店と、健康や美容のサービスを充実させた新業態店『マツキヨラボ』6店舗で、12月1日からネオファースト生命保険の医療保険3商品のパンフレットを配布する」と報じました。

ネオファースト生命保険は第一生命HDのグループ会社です。

興味を持った客には、「マツモトキヨシHD100%子会社のマツモトキヨシ保険サービスが電話や郵送で商品を販売する」(同記事)といいます。

ドラッグストアの来店客と生命保険の加入希望者はともに健康意識が高いという点で共通するため、相乗効果が高いと判断したようです。両社で協力することで、顧客の取り込みを図りたい考えです。

小売店での保険商品の販売が今後広がりそうです。特にコンビニエンスストアでの販売が進んでいて、自動車保険や自転車保険などを扱っています。ローソンは東京海上日動と組み、6月から全国のローソンの店頭端末で自転車保険などを販売しています。

【無料メールマガジン】メルマガ「売上倍増戦略講座」が無料です。

下記フォームからお申し込みください

 

空メールでも登録できます