東京ディズニーリゾートの総面積が約3割広がるようです。

11月30日付日本経済新聞は「オリエンタルランドは運営する東京ディズニーリゾート(TDR、千葉県浦安市)を拡張する。3000億円超を投じて2023年をメドに新たな施設を開業。総面積を約3割広げ、混雑を緩和する」と報じました。

新たな敷地の活用方法については、「独自のアトラクションやエリアを導入する。敷地面積の問題で結論を持ち越していた映画『アナと雪の女王』に関する施設も検討する」(同記事)といいます。テーマパークの魅力を高め、来園者を増やしたい考えです。

新用地を確保するために、「100億円超を投じて約4000台の自動車を収容できる立体駐車場を新設。現在は平面駐車場として使っているTDLに隣接する土地をテーマパークに転換する」(同記事、TDL=東京ディズニーランド)としています。

TDRは、東京ディズニーランドと東京ディズニーシーの合算で13年度に来園者数が年間3000万人を突破し、16年度まで4年連続で3000万人を超えています。

一方、来園者の増加で混雑が深刻になっており、満足度の低下が指摘されていました。敷地を拡大し収容人数を高めることで、混雑緩和につなげたい考えもありそうです。

海外からの来園者の増加に対応する思惑もありそうです。TDRは16年度に海外からの入園者の割合が8.5%と5年前の1.3%から大きく伸びています。政府は20年に訪日客を4000万人に増やす計画を示していることもあり、今後さらなる増加が予想されます。

【無料メールマガジン】メルマガ「売上倍増戦略講座」が無料です。

下記フォームからお申し込みください

 

空メールでも登録できます