高級ハンバーガー店「シェイクシャック」の日本6号店が11月1日に東京・六本木にある六本木ヒルズノースタワー内にオープンしました。同店のハンバーガー類単品の価格は580円(税別、以下同)からで、ハンバーガー店の中では高級店の部類に属します。

とある日のお昼時に訪れましたが、席待ちの行列ができていました。人気があるようです。

内装では、国産のヒノキ、自然素材のレンガや石のタイルを使用しているといい、落ち着いた雰囲気を醸し出しています。テラス席もあります。

メニューの核となるのはもちろんハンバーガー類で、オーソドックスな「ハンバーガー シングル」(580円)ではアンガスビーフ100%のパティを使用しています。ハンバーガーのほかにホットドッグやポテトフライ、シェイク、ビール・ワインなどがあります。

注文した「シャックバーガー シングル」(680円)はチーズバーガーをベースにトマト、レタス、ソースをトッピングしています。非常に食べ応えがあり、特にビーフパティが絶品です。

シェイクシャックは、2001年に米ニューヨークのマディソン・スクエア公園で1台のホットドッグカートを出店したのが始まりです。04年に同公園で常設店舗が誕生しました。日本1号店は15年11月に東京・北青山で誕生しています。日本での展開は、米スターバックスコーヒーの日本進出を成功させたサザビーリーグ(東京・港)が担っています。

【無料メールマガジン】メルマガ「売上倍増戦略講座」が無料です。

下記フォームからお申し込みください

 

空メールでも登録できます