アマゾンジャパンは12月8日、11日月曜日までの78時間限定セール「サイバーマンデーセール」を始めました。

同セールでは2000万点以上の対象商品を用意したほか、東京・渋谷にある丸井が運営する商業施設「渋谷モディ」「渋谷マルイ」の中に特設店舗を設け、同セールのおすすめ商品を展示しています。展示してある商品に付随しているQRコードをスマホなどで読み取ることでアマゾンのサイトにつながり、その場でその商品を注文することもできます。

11月に日本で発売したAIスピーカー「エコー」の体験ブースも設けています。音声を通じて照明機器の操作などが体験できます。

生鮮配送サービス「アマゾンフレッシュ」で取り扱う食材を使ったメニューを提供するカフェも設けています。

丸井はネット通販にも力を入れているため、アマゾンと共同展開した今回の特設店舗からヒントを見出し、店舗とネット通販が共存共栄できる道を模索していきたい考えがあるようです。

ちなみにサイバーマンデーは米国が本場で、米国ではネット通販の売り上げが急増する感謝祭(11月の第4木曜日)の休暇明けの翌月曜日をサイバーマンデーとしています。アマゾンジャパンは日本でのサイバーマンデーを米国とは異なる12月第2月曜日に定めています。日本では多くの企業が12月第2週にボーナスを支給することもあり、年間で最も多くのアクセスがあるためだとしています。

【無料メールマガジン】メルマガ「売上倍増戦略講座」が無料です。

下記フォームからお申し込みください

 

空メールでも登録できます