現在、都内に8店ある八百屋「旬八青果店」に注目が集まっています。

とある日のお昼時の赤坂店(東京・赤坂)です。

赤坂駅から徒歩7分のところにあります。路地裏にあるものの、およそ八百屋があるとは思えない場所に立地しています。

他の店舗も渋谷や目黒といった八百屋がありそうもない場所に立地しています。店舗は一般的な八百屋よりも小さく、売り場は数坪程度しかありません。そのため、品ぞろえは限定的です。ただ、一般的なスーパーでは見かけない種類のものや産地のものを取りそろえているので、根強いファンが多いといいます。

鮮度が高いのも特徴的です。運営するアグリゲート(東京・品川)は果物や野菜を日本各地の契約農家から直接仕入れたり、茨城県にある自社農場の「旬八農場」から供給することで、新鮮なものを消費者に提供することができます。一般の消費者のほか、飲食店にも卸しています。

規格外品や一般的には廃棄されるようなものも店舗によっては扱っています。赤坂店ではジャガイモ「シンシア」が数十個袋詰めされたものを50円で販売していました。芽が少し出ていますが、品質に問題はありません。店舗によっては、一般的には廃棄されてしまうブロッコリーの葉を売っていたりします。

店舗で扱っている果物や野菜を使ったスムージーも販売しています。水を足していないので味が濃厚です。赤坂店ではアボカドやサラダ菜などを使った緑色のスムージーとイチゴやニンジンなどを使った赤色のスムージーとがあり、それぞれ250円で販売していました。赤色のスムージーを購入して飲んでみましたが、濃厚で美味しかったです。

店員さんは果物や野菜に関する知識が豊富で、的確に情報を提供してくれました。とてもフレンドリーで好感がもてます。他の客にも丁寧に対応していました。

旬八青果店の今後の展開に注目したいところです。

【無料メールマガジン】メルマガ「売上倍増戦略講座」が無料です。

下記フォームからお申し込みください

 

空メールでも登録できます