ロサンゼルス発のハンバーガーレストラン「ウマミバーガー」が今年3月に、東京・北青山に日本第1号店が誕生しました。

日本の科学者が提唱した「うま味」に着目し、それを最大限に引き出したハンバーガーをつくっていることから「ウマミバーガー」と名づけたといいます。うま味を豊富に含むハムやチーズ、トマト、マッシュルームなどのほか、醤油や味噌、シイタケなどを使用しています。

青山店は表参道駅から少し路地に入ったところにある、高級感漂う商業施設「ポルトフィーノ」内にあります。

とあるお昼時の青山店ですが、数名が席待ちで並んでいました。開業直後は連日大行列ができて話題となりましたが、日にちが少し経過していたためか、この時は落ち着いていました。

店内はとにかくお洒落です。バーカウンターとテープル席があります。壁には5つの基本味、「うまみ」「にがい」「すっぱい」「しょっぱい」「あまい」という言葉がかかれています。

メニューは十数種類あるハンバーガーに加え、ポテトフライやサラダなどのサイドメニュー、シェイクなどのドリンクメニュー、アルコール飲料などを取りそろえています。ハンバーガーの中心価格帯は1480〜1580円です。ハンバーガー店としては高級店の部類になるでしょう。

一番人気のハンバーガーと言われた「ウマミバーガー」(1380円)。ローストしたシイタケとトマト、キャラメルオニオン、ビーフパティ、パルメザンフリコをバンズで挟んでいます。

美味しいのですが、思ったほどうま味が感じられなかったのが気になりました。それと、美味しいものの、1380円という価格を考えると割高のようにも思えます。場所代が含まれているということでしょうか。バーカウンターを設けるなど夜の需要を見込んでいるため、ディナー価格で設定しているのかもしれません。ランチとしてはやはり割高でしょう。

店員さんの接客も気になりました。悪くはないのですが、笑顔がなく仏頂面の人が多かったです。少し残念です。

【無料メールマガジン】メルマガ「売上倍増戦略講座」が無料です。

下記フォームからお申し込みください

 

空メールでも登録できます