イオンが店頭レジで来店客が銀行のキャッシュカードで現金を引き出せるサービスを始めるようです。

12月17日付日本経済新聞は「中核子会社で総合スーパー運営のイオンリテールでまず始める。4月に100店程度で始め、18年度中に約350ある全店に拡大。将来は約2万5千台ある店舗のレジ全てで対応できるようにする」と報じました。

銀行がコスト削減のためATMを減らしていることもあり、近くにATMがない人を中心に需要があるとみているようです。また、手持ちの現金が不足した人の需要も見込めます。少額での利用が多いと考えられるため、「引き出せる額は千円単位で1万円以下とすることを検討している」(同記事)といい、手数料をとるかについては「今後詰める」(同記事)といいます。

銀行窓口やATM以外で現金を引き出せる仕組みは「キャッシュアウト」と呼ばれます。17年4月から施行された銀行法施行規則改正に伴う規制緩和で可能となりました。海外では一般的に普及していますが、日本では初めてとなる見通しです。

各キャッシュカードに付帯する「Jデビット」の機能を利用します。キャッシュアウトのサービスを提供する銀行で利用でき、現時点ではみずほ銀行がサービスの提供を表明しています。