日経平均株価とは、日本経済新聞社が東京証券取引所の第1部に上場する225銘柄を選定し、その株価を使って算出する株価平均型の指数です。株価を単純平均するのではなく、「みなし額面」で旧50円額面水準に修正した上で、「除数」を使って算出します。

225銘柄は、市場流動性の高い銘柄を中心に、業種間のバランスに配慮して選定されます。構成銘柄は毎年10月初めに一部を入れ替えます。

みなし額面とは、2001年10月施行の商法改正で廃止となった額面制度を引き継ぐ形で設定された額面のことです。廃止後、多くの銘柄は50円、500円、5万円などの旧額面水準をもとに株価形成されているため、各構成銘柄の株価を旧50円額面に換算して、日経平均株価を算出します。

換算額の算出式は、「ある銘柄の株価×(50÷同銘柄のみなし額面)」となります。

それでは、次の構成銘柄で指数値を算出してみます。A、B、Cの3銘柄の株価がそれぞれ400円、500円、900円で、みなし額面はすべて50円だとします。この場合の株価合計は1800円です。指数は株価合計の1800円を除数の3(銘柄)で割ることで算出され、600円が導き出されます。

ここで銘柄Aを除外し、株価が1000円でみなし額面が50円の銘柄Dを新たに採用したとします。この場合のB、C、Dの株価合計は2400円ですが、これを旧除数の3で割って算出してしまうと指数が800円に上がってしまい、銘柄を入れ替えただけで指数が上がってしまうことになります。これでは市場の価格変動を反映したものにはなりません。

そこで除数を変更し、市場の価格変動を反映させたものにする必要があります。銘柄入れ替え前の1800円と入れ替え後の2400円の比率(2400÷1800=4/3)を旧除数の3に乗じて(3×{4/3})算出した4が新たな除数になります。新たな除数の4で新たな株価合計額の2400円を割る(2400÷4=600)ことで、銘柄入れ替え前と変わることなく、連続性を維持した指数値を算出することができます。

日経平均株価は日本の株式市場の代表的な株価指標の一つですが、他に東証株価指数(TOPIX)があります。

東証株価指数とは、東京証券取引所の第1部に上場する全銘柄を対象とする株価指数です。1968年1月4日の時価総額を100として、その後の時価総額を指数化しています。東京証券取引所が算出、公表しています。

日経平均株価は価格指数なので、ハイテク株など値がさ株(1単元あたりの株価の水準が高い銘柄)の影響を受けやすいという特徴があります。一方、東証株価指数は時価総額の大きい金融株などの影響を受けやすいという特徴があります。それぞれ対象銘柄や計算方法が異なりますが、両指数の値動きには高い相関性があります。