ミニストップが展開している新業態「cisca(シスカ)」が斬新です。

「カフェ」と「デリカテッセン」、「グローサリー専門店」を融合させた業態で、「ちょい飲み」ができるとして話題となっています。

店で買った飲食物を、店内に設けられているイートインコーナーで飲んだり食べたりすることができるのですが、アルコールも利用できるので、ちょっとした居酒屋感覚で利用することもできるのです。もちろん、軽食をとったり、カフェ感覚で利用することもできます。

ciscaは現在、2014年9月にオープンした1号店となる「日本橋本町店」(東京・日本橋本町)と15年7月にオープンした3号店となる「日本橋小舟町店」(東京・日本橋小舟町)の2店があります。2号店の「神田多町店」は閉店しています。

日本橋本町店を訪れてみました。外装のロゴには赤系・黄系・緑系の3種類のカラーを採用し、お洒落な雰囲気を醸し出しています。明るい雰囲気があるので、女性が気軽に入店できそうです。

品揃えは、一般的なコンビニのようにペットボトル飲料や菓子、缶や瓶入りのアルコール、サンドイッチなどの軽食類、総菜、デザートなどを豊富に取り揃えているほか、一般的なコンビニではあまり見られない、ワインや輸入菓子といったものも扱っています。

レジカウンターでは、コーヒーや紅茶、ジュースなどを販売しています。午後3時以降であれば、「ナイトメニュー」としてスペイン料理「アヒージョ」や「トッポギ」、「グラスビール」を販売しています。

また、店内で販売しているつまみなどの商品を器に盛り付けるサービスや、缶詰やソーセージなどを温めるサービス、氷と水を300円で提供するサービスなど「ちょい飲み」向けのサービスを用意しています。

イートインコーナーも充実しています。カフェ利用の客や「ちょい飲み」利用の客で賑わっていました。

ciscaの今後に期待したいところです。

【無料メールマガジン】メルマガ「売上倍増戦略講座」が無料です。

下記フォームからお申し込みください

 

空メールでも登録できます