良品計画のブランドを冠した世界初となる「MUJIホテル」が1月18日、中国の広東省深センで開業しました。

商業ビルの2〜6階に入り、全79室を設けています。全体のコンセプトと客室内のデザインを無印良品が行い、運営は現地の提携企業が担います。ホテル内には無印良品や同社の飲食店「MUJI Diner」を併設します。

室内には無印良品の寝具やアメニティーグッズを提供するなど、無印良品の世界観を体感できるようにしています。室内は木目を基調としたシンプルな内装が特徴となっています。

部屋は広さが異なる5つのタイプがあり、宿泊料金は、一番面積が狭いタイプ(26〜28平方メートル)が950元(約1万6千円)からとなっています。一番面積が広いタイプ(51〜61平方メートル)が2500元(約4万3千円)からとなっています。

3月20日に中国の北京市にも「MUJIホテル」を開業する予定です。商業ビルの地下1階〜地上4階に入り、全42室を設けます。ホテル内には同社の飲食店を併設する計画です。