エイチ・アイ・エス(HIS)は2月1日、ロボットがコーヒーなどを作る「変なカフェ」の1号店を東京都渋谷区にある商業施設「渋谷モディ」の地下1階にあるHISの旅行店舗内にオープンしました。

多関節型の単腕を持つロボット「ソーヤー」がカップや削ったコーヒー豆などを移動させます。コーヒー豆を捨てる作業や洗浄も行います。同時に複数杯のコーヒーを淹れられるバリスタマシン「ポアステディ」も備えています。豆の補充や故障などに備えて、人間1人が待機します。

「本格ドリップコーヒー」(税込320円)など7種類を用意し、1杯を数分で提供します。作業を並行して行うことで複数杯を同時に作ることもできます。

本格ドリップコーヒーの提供の流れは以下の通りです。

1.発売機にて、好きなメニューを選んで購入する
2.バーコード付きのチケットをバーコードリーダーにかざす
3.ソーヤーがコーヒーカップをバリスタマシンのポアステディに移す
4.ソーヤーが金属フィルタを持ち、コーヒー豆を削って金属フィルタへ入れる
5.ソーヤーがポアステディのボタンを押しコーヒーを淹れる
6.ソーヤーが受け取りカウンターへコーヒーを移し、客に出来上がりを知らせる
7.ソーヤーが金属フィルタの中に入っているコーヒー豆を捨て、洗浄を行い元の場所に戻す