東芝テックは2月13日、経済産業省などと連携しスマートフォン用アプリに電子レシートを発行する実証実験を始めました。

28日まで、東京都町田市のコンビニエンスストアやスーパー、ドラッグストアなど27店舗で実施します。

利用者は商品購入の際に紙のレシートを受け取る代わりに、スマホに表示したバーコードをレジで読み取らせると電子レシートが発行されます。利用者は家計簿アプリなどで購買情報を管理でき、事業者は利用者の了解のもとで購買情報を商品開発や販促などに活用することができます。

多くの場合、購買情報は事業者ごとに分断して管理されているため、特定の個人が様々な店舗で買い回りをしたことを示す購買情報を生成することは困難でした。電子レシートを活用することで、個人情報は伏せられた上で、いつ、どこで、何を買ったかなどを事業者の枠を超えて把握することができるようになります。

東芝テックが経産省から委託を受け実証実験を運営します。ミニストップ、三徳、HAC、ウエルシア、ココカラファイン、東急ハンズ、銀座コージーコーナーが協力します。