経済産業省は2月14日、ファミリーマート、ローソン、ミニストップと連携し、客が自分で会計する無人レジを想定したICタグの実証実験を始めました。23日まで実施します。

ファミマ、無人レジの実験を2月に実施。ICタグを活用

経産省職員と用務客に限って利用できる経産省内の「ファミリーマート 経済産業省店」では客が自ら会計する実験を実施します。協力するライオンやカルビー、江崎グリコなどの企業が、工場や物流拠点で商品の包装にRFID(無線自動識別)機能をもつ価格情報などを搭載したICタグを貼り付けます。ICタグを貼り付けた商品を売り場に陳列し、客はカゴごと機械にかざすだけで瞬時に会計を終えることができます。実験結果を踏まえ、2025年ごろまでに大手コンビニ全店での導入を目指します。

これにより、客のレジ待ち時間の短縮や店員の作業低減などを実現できます。また、物流や在庫管理の効率化にもつながります。販売情報や在庫情報を即時にメーカーや物流業者にも共有できるため、生産体制や物流体制を柔軟に見直すことができるようになります。

「ローソン 丸の内パークビル店」と「ミニストップ 神田錦町3丁目店」でも同期間において、ICタグの実証実験を行います。

「ローソン 丸の内パークビル店」では、一部の商品にICタグが貼られていました。金属チップを組み込んだものを想像していたのですが、実際はシールの表にバーコードが印字されていて、裏側に薄いICタグが貼られているだけのものでした。ペラペラです。同店では客が自分で会計はできず、ただICタグが商品に貼られているだけとなっています。