ミニストップは3月16日、2018年2月期の連結最終損益が11億5000万円の赤字(前年同期は2億1500万円の黒字)になる見込みと発表しました。従来予想から13億円の引き下げとなります。最終赤字は上場した1994年2月期以降で初となります。

国内と韓国で売り上げが想定に届かなかったことが影響しました。これにより営業損益を従来予想から18億円引き下げ、1億円の赤字になる見込みとなり、不採算店の閉店損失と店舗の減損損失で22億円の特別損失を計上したことで最終損益が11億5000万円の赤字になるとしています。

売上高は従来予想から125億円引き下げ、前年同期比5.1%増の2070億円に下方修正しました。

国内では既存店1店あたりの1日平均売上高が0.2%落ち込み、計画より1.7ポイント下回りました。天候不順や他店との競争激化により客数が想定以上に減ったといいます。

韓国は既存店1店あたりの1日平均売上高が4.2%落ち込み、計画より4.4ポイント下振れしました。韓国国内の景気低迷や天候不順が影響したといいます。