東京・銀座にある食パン専門店「セントル ザ・ベーカリー」。連日行列ができる人気店です。

3種類の食パンだけをテイクアウトで販売する店とその食パンを使った料理を提供するカフェが併設されています。

食パン専門店「セントル ザ・ベーカリー」カフェコーナーの食パンセットが絶品

とある週末の昼時、食パンの販売所の前と店内に食パンの焼き上がりを待つ約35人の行列ができていました。カフェの前にも別に行列ができています。

テイクアウトで販売する食パンは3種類あります。国産小麦を使った「角食パン」(2斤分/税抜き800円)、北米産小麦を使った「プルマン」(同800円)、山型の「イギリスパン」(同700円)の3種だけを販売しています。

イギリスパンは1日1回のみの製造で、無くなり次第販売終了となります。私が訪れた時にはすでにイギリスパンは完売していました。そこで、「角食パン」を購入してみることに。

角食パンは北海道産の小麦「ゆめちから」を使用し、湯種・液種で作っています。しっとり・もっちりした食感が特徴です。

購入後、早速食べてみました。焼きたてです。非常に美味しいですね。

焼かずにそのまま食べるのがおすすめとのことですが、確かにそのままでも十分美味しいです。食パンの概念が覆ります。行列ができるのも納得の美味しさです。