JR山手線池袋駅から徒歩5分の場所にラーメン店「無敵家」があります。

とある週末の昼時、同店には約30人の行列ができていました。すごい人気です。

店内はカウンター席のみで16席あります。かなり狭いですね。ラーメン店なので気にはならないですが。

「一番人気」と書かれていた「無敵家らーめん」(税込み1100円)を注文しました。

豚骨を長時間煮詰め、乳化させて作った豚コク醤油スープに背脂がたっぷり載っています。こってり系ですね。麺は中太のストレートで、北海道産の小麦粉を使用しているとのこと。具はチャーシュー、タマゴ、メンマ、菜の花、海苔などです。

麺は全品が並盛りも大盛りも同一価格とのこと。

さて、味はどうでしょう。美味しいですね。スープはこってり過ぎず、程よいあんばいです。麺に程よく絡まります。ただ、すごく美味しいかといえばそうでもなく、大行列に並ぶほどではないようにも思えます。コスパが高いともいえません。

なぜ、これほどの行列ができるのか。

行列をよく観察してみると、日本人はそれほど多くはなく、大半が外国人であることがわかります。日本語以外の言語を話している人が多かったためです。おそらく、ガイドブックか何かで見たり、口コミで知って同店を訪れる訪日外国人観光客が多いのでしょう。

いずれにしても、外国人の集客に成功していることは間違いありません。むしろ、外国人に目を向けたことが勝因といえるのかもしれません。