若者の街、ファッションの街として知られる東京・原宿。そんな原宿の街にサーモン丼専門店「熊だ」があります。有名パンケーキ店や有名スイーツ店が軒を並べることでも知られる街で「サーモン丼専門店」があるというのはかなり異質な感じがしますが、それでも同店は行列ができる人気店とのこと。

とある週末の昼時、7人の行列ができていました。東京メトロ・明治神宮前駅から徒歩5分ほどのところにあるビルの地下1階に同店はあります。駅からはやや遠く、裏通りの地下1階にあるので立地が良いとはいえません。

店内はカウンター席のみです。客層は20代の男女が中心です。同店は17年12月にオープンしたばかりなので真新しさがあり、丼専門店としてはお洒落な雰囲気があります。

メニューはサーモンを使った丼のほか、アルコールも充実しています。また、「せんべろ」メニューとして、ドリンク最大4杯とお通し3品をワンセットで1000円(税別)で提供しています。

さて、おすすめのメニューと言われた「熊だ丼 並」(税別980円)を注文しました。ご飯の上に生サーモンの中落ちとたたきをベースにしたトビコなどが載った丼メニューです。まずまず美味しいですね。

同店では依頼すると丼を鮭茶漬けにしてくれます。丼にご飯と鮭のだしを追加で入れてくれて、別に提供される鮭明太を載せて食べることができます。このサービスは無料です。鮭茶漬けもまずまず美味しいですね。

同店が行列ができるほどの人気店であるというのは、原宿という街にあえて似つかわしくないサーモン専門店を出しているところにあると私はみています。王道のマグロではなくサーモンを中心に据えたメニューを提供しているのも物珍しさを醸し出しているといえます。話題にはなるでしょう。