セブン―イレブン・ジャパンが4月20日に、グーグルの音声AIの「グーグルアシスタント」から弁当などの注文ができるようにする実験を始めたようです。

4月21日付日本経済新聞は「セブンが2000年に始めた食品の宅配サービス『セブンミール』と連動する。利用にあたってはまずスマートフォンでグーグルアシスタントに『セブンミール』と話しかける。届け日や購入商品を尋ねられ、それに順次答えていくと注文できる仕組み」と報じました。

「都内の直営40店で展開する」「利用の状況を見て対象店舗の拡大を検討する」「弁当やスイーツなど約30品を扱い、対象商品は順次拡大を検討」「今回の実験では店頭受け取りに限定する」(同記事)といいます。

グーグルアシスタントで商品を購入できるのは国内で初めてです。

セブンミールはインターネットや電話、店頭で注文を受け付けますが、グーグルアシスタントも活用して利用者の間口を広げ、利便性を高めたい考えです。

セブンミールは、注文した商品を指定した場所や全国のセブンイレブン店舗で受け取ることができるサービスです。送料は、店頭で受け取る場合は無料、指定の場所で受け取る場合は注文の合計金額が500円(税込)以上で無料、満たない場合は123円(税込)となります。