JR・高田馬場駅から徒歩1分のところに長蛇の列ができると噂のとんかつ店「成蔵」があります。

とある平日の昼時、同店には約50人の行列ができていました。すごい人数の行列です。列に並んでから料理が出されるまでの時間はなんと2時間30分でした。はたして、それほどの時間をかけてまで訪れる価値があるお店なのか。

同店では「岩中豚」「雪室熟成豚」「煌麦豚」「霧島黒豚」「霜降高原豚」を扱っているとのこと。訪れた時は「TOKYO X」も扱っていました。メニューブックにはそれぞれの特徴や店のこだわりについての記載があります。非常に親切ですね。豚や同店について詳しくない人に対する配慮が行き届いています。

同店はビルの地下1階にあります。カウンター席が6席、テーブル席が12席の計18席が設けられています。ビルはやや年季が入っていますが店内は綺麗で、清掃が行き届いているので清潔感があります。

店員さんに勧められた「霧降高原豚シャ豚ブリアンかつ2個付け定食」(ランチ価格・税込2100円)です。

霜降高原豚は肉質が柔らかく、クセのないあっさりとした味わいが特徴です。ヒレ肉の肉質の良い中心部だけを使っているとのこと。牛肉でいうシャトーブリアンの豚版ということで「シャ豚ブリアン」と名付けているそうです。

さて、味はどうでしょうか。非常に美味しいですね。肉汁が閉じ込めてあるのでヒレでありながらもジューシーです。かなり分厚いのですが、低温で揚げて余熱で火を通しているので中心まで火がしっかり通っています。

パン粉は油切れの良い生パン粉を使用しているので、衣はサクサクです。そして口の中でスッと溶けるので肉の味を邪魔しません。

非常に美味しいです。しかも2100円という価格です。コスパの面でも申し分ありません。

さらに、同店は接客サービス力が非常に高かったため、快適に過ごすことができました。挨拶がしっかり行われていて、対応も丁寧です。オーナーらしき人が率先して挨拶を行っていました。指導も徹底しているようです。

行列に並んででも訪れたいお店でした。