三越伊勢丹ホールディングスは4月25日、2018年3月期の連結業績予想を下方修正し、最終損益が10億円の赤字になる見通しだと発表しました。赤字となるのは10年3月期以来で、8年ぶりとなります。前回予測は80億円の黒字でした。

新たに減損損失約110億円を特別損失として計上します。三越伊勢丹と三越伊勢丹フードサービスが保有する店舗設備などについて、現在の事業環境と今後の見通しを勘案したといいます。

早期退職制度により積み増された退職金や伊勢丹松戸店の減損などで計125億円の特別損失を既に計上しており、合計で約235億円の特別損失を計上することになります。

売上高の見込みは前回予想より0.2%(20億円)少ない1兆2680億円(前年比1.2%増)としています。