ローソンはスマートフォンのアプリで来店客自ら会計する実験を4月23日から5月31日までの期間限定で都内3店舗で実施します。

スマホ決済サービス「ローソンスマホペイ」の実証実験を始めます。スマホの専用アプリで商品のバーコードを読み取ることで、店内のどこででも決済できるようになります。

退店時にスマホに表示されたQRコードを店頭の専用読み取り機にかざすことで決済済みであることを確認します。購入履歴から電子レシートを確認することができます。

実験店では日中は通常レジと併用し、午前1時から4時まではレジを無人にしてスマホ決済のみとします。

5月末まで都内の3店で実施し、利用状況などを検証して、効果が見込める全国の店舗に順次、導入します。

ローソンスマホペイにより、レジの混雑を嫌う消費者のストレスを低減し、店舗従業員のレジ対応にかかる業務の軽減と生産性の向上を実現したい考えです。

ローソン、スマホでセルフ会計の仕組みを導入。来年中にも