アマゾンジャパンは4月4日から配送料を値上げしました。

購入金額が2000円未満(税込み)の場合、書籍や一部の家電製品を除き、通常配送料はこれまで一律350円でしたが、400〜440円に引き上げています。

2000円以上の注文や、有料会員(年会費3900円または月会費400円)の注文では引き続き配送料は無料です。

最短翌日の配送は500〜540円、最短当日の配送は600〜640円となります。

アマゾンは自社で直接扱う商品と、外部の個人・法人が出品する商品の2通りを販売しており、今回の値上げは主にアマゾンが扱う商品が対象となります。

値上げは物流コストの上昇が影響しているとみられます。「アマゾンは商品配送を委託するヤマト運輸と昨秋までに配送料を4割程度引き上げることで合意」(4月5日付日本経済新聞)しています。

また、有料会員(プライム会員)を増やす狙いもありそうです。有料会員は今回の値上げの影響がないため、これを機に有料会員に流れる利用者がいると考えられるためです。