1975年にハワイで誕生したハンバーガー・サンドイッチ店「クアアイナ」。日本第1号店は97年に東京・青山でオープンしました。

クアアイナの店内はハワイをイメージしています。商品の味は、多少日本向けにアレンジしているものの、基本的にはハワイオリジナルの味を基調にしているといいます。

クアアイナは現在、ハワイに2店、ロンドンに2店、台湾に1店、日本に30店、合計35店を展開しています。ハワイ発祥ですが、日本で成長しているといえそうです。

とある週末の昼時、「クアアイナ 池袋サンシャインシティ店」(東京都豊島区)を訪れてみると約20人の行列ができていました。若い女性が多かったのですが、家族連れもちらほらいました。

店内はハワイの花や樹木のオブジェ、サーフボードが飾られていて、店員さんはアロハシャツを着用。ハワイの雰囲気を醸し出しています。

メニューはハンバーガーがメインで、次いでサンドイッチが続きます。パンケーキもあります。ハンバーガーとサンドイッチは自分好みにカスタマイズもできます。

さて、店員さんに勧められた「厚切りチェダーアボカドバーガー」単品(1/3LB/税抜き1183円)を注文しました。

2つのバンズの上に具が載った状態で提供されました。2つを合わせて食べることもできます。具はレタス、トマト、アボカド、タマネギ、チェダーチーズ、パティです。アメリカンサイズでかなりボリュームがあります。

美味しいですね。ただ、1183円という価格はやや割高のように思えます。とはいえ、メインターゲットの若い女性にしてみれば、ハワイにいるような雰囲気の中でハワイ発の本格的なハンバーガーが食べられるので妥当な価格なのでしょう。店舗の雰囲気が価格に含まれているといえそうです。