セブン銀行は5月7日から、銀行口座を介さずに企業から個人に宛てた送金を同行のATMとセブン―イレブンのレジで受け取れる「現金受取サービス」を始めます。ネットオークションの売り上げやネット通販の返金などを想定します。

利用者は電子メールなどで企業から送付される番号をセブン銀行のATMに入力すれば、紙幣はATMで、硬貨はセブン―イレブンのレジで受け取ることができます。

5月にサービスの開始を予定している企業には、セブン&アイ総合通販サイト(オムニ7)の返品などに伴う支払いを行うイトーヨーカ堂やそごう・西武、ロフトなどセブン&アイ・ホールディングスの傘下企業のほか、バスチケットの払い戻しを行うジェイアールバス関東などのバス会社があります。

6月以降には、ニッセンや三井住友海上火災保険、アフラック生命保険などがサービスの開始を予定しています。