創業90年を過ぎた老舗とんかつ店「銀座 梅林」。東京・銀座にある「本店」は1927年に誕生しました。現在、国内では4店舗を展開し、ハワイや香港など海外にも出店しています。

とある週末の昼時、本店に約20人の行列ができていました。外国人が多く並んでいました。訪日外国人に人気のようです。

同店は東京メトロ・銀座駅から徒歩3分、JR線・新橋駅、有楽町駅からそれぞれ徒歩6分のところにあります。なかなかの好立地です。

同店はビルの1階に入居しており、建物はやや年季が入っていますが、内装はきれいで清潔感もあります。

メニューは、「ヒレカツ定食」(税込み2800円)や「ロースカツ定食」(2900円)、ヒレカツやエビフライなどの「特別定食」(3700円)といった各種トンカツ定食のほか、「黒豚スペシャルカツ丼」(2500円)や「カツ丼」(1000円)など丼物も充実しています。価格帯はとんかつ店としては高めです。

さて、店員さんおすすめの「ヒレカツ定食」を注文しました。最上級のヒレ肉をぶつ切りにして揚げたとんかつが4つ、皿にのせてあります。定食なので、ご飯やみそ汁、キャベツ、お新香などが付きます。

味はどうでしょうか。とんかつはかなり美味しいですね。豚肉特有の甘さがしっかり出ています。衣はサクサクです。他では味わえないとんかつですね。

ただ、美味しいのですが、2800円は高いように思えます。銀座プライスという側面がありそうですね。そういう意味では、割高とは言い切れないでしょう。妥当な価格といえそうです。老舗ということもあり、行列ができるのも納得です。