地鶏を売りにする居酒屋「塚田農場」などが「チキン南蛮」などのメニューでブロイラーを使用したのに地鶏を使ったかのような不当な表示をしたとして、消費者庁は5月22日、運営会社のエー・ピーカンパニーに対し、景品表示法違反(優良誤認)にあたるとして、再発防止などを求める措置命令を出しました。

同庁によると、同社は2017年4月から8月まで、塚田農場や「じとっこ組合」のメニューに「地鶏一筋」「地鶏は野生の旨味」などと記載し、地鶏の写真を掲載するなどしましたが、チキン南蛮と「月見つくね」、「塩つくね」にブロイラーを使用していました。

同社は「誤解が生じない表記を徹底するよう、再発防止に取り組んでまいります」とコメントしました。既にメニューを改め、払い戻しなどの対応を進めています。