JR線・新宿駅から徒歩7分、都営新宿線・新宿駅からだと徒歩2分のところにうどん店「うどん 慎」があります。

同店では、うどんの生地はその日に提供する分だけを打ち、注文が入るたびに生地を切り、茹でています。そのため、舌触りが良く、歯応えのある麺に仕上がっているといいます。

とある平日の昼時、同店に約20人の行列ができていました。会話の言語から察するに、8割ぐらいが外国人のようです。メニュー表に英語と韓国語が併記されていました。おそらく、ガイドブックなどを見て来店する外国人が多いのでしょう。

店内はこじんまりしています。カウンター席とテーブル席とがあります。

さて、1番人気と言われた「かしわ天ざる」(税込み1000円)を注文しました。結構、ボリュームがありますね。

なかなか美味しいですね。麺はコシがあり歯応えがあります。ツルツルでもちもちですね。喉越しも良いです。つゆは関西風のだしを基本としているため薄味です。個人的には濃い目が好きなので少し物足りなさを感じました。また、麺が長いのでつゆ入りの器に入れづらかったのが気になりました。このように若干気になる点がありましたが、美味しいうどんであることに変わりはありません。

鶏肉を揚げた「かしわ天」は柔らかくジューシーで美味しいですね。

行列ができるのも納得です。