ファミリーマートは6月1日、ドン・キホーテと連携したコンビニエンスストア、「ファミリーマート立川南通り店」(東京都立川市)と「ファミリーマート大鳥神社前店」(東京都目黒区)をオープンしました。

ファミマ、ドンキ流のコンビニを6月から展開。ドンキPB導入、天井近くまで山積み

大鳥神社前店を訪れてみました。入り口の上にある看板の「ファミリーマート」のロゴの横に「PRODUCED BY ドン・キホーテ」のロゴが添えられています。

売り場面積が約45坪で、取り扱い商品数は通常のファミマの約1.5倍となる約4600種類で、このうちドンキ商品は約2700種類だといいます。

店内に入ると、左手の壁一面に商品が天井近くまで陳列されていました。ドンキ流の陳列が採用されています。

ポップもドンキ流で、黄色地のカードに赤色で価格や「お買得プライス」といった文字が書かれています。ダンボールに入れたまま陳列されているものもあります。既存のコンビニではあまり見られない光景です。

トイレットペーパーも天井近くまで陳列されています。トイレットペーパーはネピアとドンキのコラボ商品です。

日用品や雑貨も天井近くまで陳列。

カップラーメンも天井近くまで陳列。

菓子も天井近くまで陳列。

お酒も天井近くまで陳列。

あらゆる商品が天井近くまで陳列されていました。先述したとおり、通常のファミマの約1.5倍の商品数なので、天井近くまで陳列しないと展開しきれないということなのでしょう。通常のファミマにはないドンキの商品もあり品ぞろえが豊富なので面白い売り場だと思います。今後の展開が楽しみですね。