シダックスは5月30日、カラオケの運営事業から撤退すると発表しました。カラオケボックス「シダックス」運営子会社の持ち株の81%を6月7日付で「カラオケ館」を運営するB&Vに売却します。今後は給食などフード事業に経営資源を集中させる方針です。

競争激化や客離れによりカラオケ事業は不振に陥っています。18年3月期の同事業の営業損益は10億3800万円の赤字と3期連続で赤字でした。不採算店を閉鎖するなど経営改革に取り組んでいましたが、抜本的な改善に至らなかったため譲渡に踏み切ったとしています。

シダックスは郊外、B&Vは繁華街を中心に出店してきたという違いがあるためこれまでも両者の競合は少なく、譲渡後も「シダックス」と「カラオケ館」の両チェーンは共存できるとみています。