セブン&アイ・ホールディングスは6月1日、NTTドコモなど10社と、ビッグデータを共有して活用する研究組織「セブン&アイ・データラボ」を発足させたと発表しました。

セブン&アイと各企業が1対1でいくつかの課題の解決を図り、そこで得られた結果を参加企業で共有します。

セブン&アイは、傘下のコンビニエンスストア「セブン―イレブン」などの来店者情報を得ており、これに、たとえば、ドコモが持つ契約者情報や携帯電話の位置情報を組み合わせます。これにより、新しい商品・サービスの開発や効果的な出店計画なども可能になります。

発足時の参加企業は、ANAホールディングス、NTTドコモ、ディー・エヌ・エー(DeNA)、東京急行電鉄、東京電力エナジーパートナー、三井住友フィナンシャルグループ、三井物産など10社です。

セブン&アイは「企業間におけるビッグデータの連携としては、過去最大級の取り組み」としています。