ファミリーレストラン「ロイヤルホスト」を運営するロイヤルホールディングスが17年11月にオープンしたレストラン「ギャザリングテーブル パントリー」(東京・中央)。

支払いで現金が使えず、クレジットカードと電子マネーに限定し、キャッシュレスを実現しています。注文はすべてタブレットで受け付け、支払いは専用の端末で行います。クレジットカードのほか、「楽天Edy」や「Suica」などの主要な電子マネーも使用できます。

同店は都営地下鉄線の馬喰横山駅から徒歩1分のところにあります。メニューは洋食やサラダ、デザートなどを幅広くそろえています。

とある平日の昼時、同店を訪れました。店頭には「キャッシュレス」「現金不可」の旨が書かれた看板が掲出されていました。

オープンして半年程度のためまだまだ認知度が低いからでしょうか、客数はそれほど多くはありませんでした。店舗はおしゃれですね。テーブルがコンクリート打ちっ放しとなっています。電源が備え付けられている席もあります。

ランチメニューは「カレー(スリランカチキンカレー)」(税込み780円)、「スーププレート(きのこクリームスープ)」(同780円)、「煮込みハンバーグ」(同880円)の3品です。

備え付けのタブレットで「カレー」を注文しました。スリランカカレーは初めてですが美味しいですね。

支払いは備え付けの端末で行います。便利と言えば便利ですね。

今後、こうしたキャッシュレスの店が増えていくのかもしれません。そのような予感を覚えることができました。