ファミリーマートは3月からアルバイトスタッフの髪型に関する規則を緩和し、従来は「黒髪のみ」と定めていた髪色を自由とし、茶髪や金髪などで勤務することを認めたようです。

6月13日付ITmediaビジネスオンラインは広報担当者の説明として以下の文章を掲載しました。

「古くから当社のアルバイトには”黒髪縛り”を設けていたが、時代の流れを踏まえ、多くの若者を迎え入れたいと考えて規則を緩めた。顧客からの批判の声は特にない」(広報担当者)

ただ、「衛生面を考慮」し、ピアスやネックレスなどはこれまで通り禁止とする。社員の髪色も引き続き黒髪のみとし、「きちんとした身だしなみで勤務していく」(同)

以上が広報担当者の説明です。大手コンビニエンスストアでは異例の対応です。人手不足感が強まっているなか、採用のハードルを下げることで、より多くの人材を確保したい考えです。

ファミマは人手不足解消などを目的に、店舗運営の合理化も進めています。深夜帯の人員不足の解消を狙って24時間営業の見直しを検討するほか、レジ業務を簡素化するためにコンビニレジの標準機能である来店客の性別や年齢のボタンをなくしたり、店舗間で店員を融通できるようにするなど省力化策を次々と打ち出しています。

ファミマ、「24時間営業」の見直しを検討
ファミマ、レジ刷新し「男20代」などのボタンをなくす方針。レジ業務を簡素化
ファミリーマート、店舗間で店員を「シェア」