いま流行りの「ローストビーフ丼」を提供する「レッドロック」。神戸市に本店を構え、都内では高田馬場に進出、一躍人気店となり、続いて若者の街として知られる原宿にも出店、こちらでも人気を博し、現在は東京など大都市を中心に店舗網を広げています。

とある週末の昼時、原宿店には若い女性を中心とした約60人の行列ができていました。同店は東京メトロ・明治神宮前駅から徒歩6分、JR線・原宿駅から徒歩8分のところにあるビルの地下1階にあり、立地はあまり良いとはいえませんが、それでもこれほどの人気です。

店内は薄暗く独特の雰囲気があります。イタリアンのお店のような感じです。

さて、一番人気といわれる「ローストビーフ丼」(並盛り/税込み880円)を注文しました。山盛りのご飯をレア焼きのローストビーフで埋め尽くし、卵黄とヨーグルトソース、サニーレタス、カイワレ大根が添えられています。

味はどうでしょうか。美味しいですね。ただ、880円は割高のように思えます。乱暴な表現かもしれませんが、ご飯の上にローストビーフを載せただけの料理です。個人的には600円ぐらいが妥当ではないかと思いました。

やはりブームの影響が大きいといえるでしょう。また、山盛りのためインスタ映え、SNS映えするというのもポイントが高いといえます。事実、少なくないお客がローストビーフ丼をカメラに収めていました。そう考えると、880円は割安といえます。

行列ができるのも納得です。