都営新宿線・曙橋駅から徒歩6分、都営大江戸線・若松河田駅から徒歩9分のところにあるラーメン店「麺庵ちとせ」。駅からは少し遠い路地裏の住宅街にあり必ずしも好立地とはいえませんが、それでも行列ができるほどの人気店です。国産小麦100%の自家製麺と無化調スープにこだわったラーメンを提供しています。

同店は、昼は「麺庵ちとせ」の名で営業していますが、夜は「麺や花よ」という別ブランドの名で営業しています。二毛作営業ですね。それぞれでメニューが異なり、「麺庵ちとせ」はアッサリ系が多く、「麺や花よ」はコッテリ系が多いようです。

とある平日の昼時、5人の行列ができていました。

「麺庵ちとせ」のメニューは、「出汁醤油」(税込820円)、「醤油」(同790円)、「塩」(同830円)、「担々麺」(同860円)などがあります。

「出汁醤油」を注文しました。スープは醤油ダレと塩ダレをブレンドして作られています。具はチャーシューとメンマ、青ネギだけとシンプルです。

味はどうでしょうか。非常に美味しいですね。スープがなんといっても絶品です。醤油ダレと塩ダレのブレンドが絶妙で、醤油味がやや強く出ているものの、塩ダレのマイルドさが醤油味をやや抑え込んでいて、程よいしょっぱさのスープになっています。だしが程よく利いています。美味しさのあまり、久しぶりにスープを飲み干してしまいました。

接客サービスも非常に良いです。店員さんは笑顔であいさつしていて対応が丁寧です。あいさつや応対が通りいっぺんではなく、「気をつけてお帰りください」「いつもありがとうございます」「紙エプロンを使用しますか」などと臨機応変に声をかけ、お客の状況に応じた対応をしています。非常に心がこもっています。まさに「おもてなし」ですね。

同店は常連客が多いようです。それはラーメンの味もさることながら、高い接客サービス力が大きく影響してのことでしょう。これだけ気持ちの良い対応をされてしまったら、多くの人が「また行きたい」と思うはずです。

行列ができるのも納得です。