米スターバックスは6月19日、2019年に米国で150店を閉鎖する計画を発表しました。閉鎖店舗の数は例年の3倍に上ります。

米国では高級路線のコーヒー店と低価格のコーヒーを提供するマクドナルドなどファストフード店の間で苦戦を強いられています。

スターバックスは米国市場の停滞で、18年4〜6月期の世界既存店売上高が前年同期比1%増にとどまるとの見方を示しています。

ケビン・ジョンソン最高経営責任者(CEO)は「需要面で逆風が吹いているが一時的であり、最近の業績はブランドの実力を反映したものではない」との声明を出し、米国事業のテコ入れを図る考えを示しました。

店舗の整理とあわせて、成長している紅茶や消費者の健康志向に対応した新たなドリンクの投入で消費者の好みの急速な変化に対応するほか、自社アプリの使い勝手を向上させるなどで集客増につなげる考えです。また、外部のコンサルタントと連携し、迅速な経費削減を目指します。