東京メトロ・八丁堀駅から徒歩4分、茅場町駅から徒歩5分のところにラーメン店「麺や七彩」があります。「ミシュランガイド東京2018」でお勧めの店であることを示す称号「ビブグルマン」に選ばれました。2年連続での選出です。

とある平日の昼時、6人の行列ができていました。

店内はベージュを基調色とし、落ち着いた雰囲気があります。カウンター席13席を設けています。オフィス街にあるためスーツ姿の男性客が多く、近隣のビジネスパーソンがメインターゲットのようです。

同店では注文を受けてから麺を打ちます。カウンター席の前にある厨房の片隅で粉から生地を作り、麺棒で伸ばして麺打ちしています。

さて、同店の名物ラーメン「喜多方らーめん(煮干)」(税込み820円)を注文しました。麺の量を3段階で調整できるとのことで、真ん中の中盛りにしました。スープは煮干しだしの醤油味でやや黒みがかっています。麺は平打ち縮れ麺です。チャーシューとメンマ、ネギが載っています。

注文を受けてから麺を打つので着席してから提供まで10分ほどかかりました。味はどうでしょうか。なかなか美味しいですね。煮干のだしが適度にきいています。麺は打ちたてのため、歯ごたえと舌触りが良いですね。スープとよく絡みます。

行列ができるのも納得です。