セブン―イレブン・ジャパンは7月17日から予定していたレジ横での生ビールのテスト販売を当面中止するようです。

7月17日付毎日新聞デジタルは「セブン―イレブン親会社のセブン&アイ・ホールディングス(HD)広報は『想定以上の需要が予想され、供給が追いつかないと判断した』と説明した。今後の販売日程は未定という」と報じました。

同日付朝日新聞デジタルは「セブン本部に『どこの店で販売するのか』といった問い合わせが相次いだという。広報の担当者は『テストの域をこえてしまい、本当の需要が測れない』と話す」と報じています。

テスト販売は、キリンビールと組み、生ビールのSサイズを100円、Mサイズを190円で販売するというもので、サーバーのボタンを押して注ぐ流れで、コーヒーマシンを使っていれたてのコーヒーを提供する「セブンカフェ」と同じスタイルで提供する予定でした。

セブンイレブン、生ビールSサイズを100円でテスト販売へ。店頭にビールサーバー設置

サーバーを設けた13日ごろから、生ビールがコンビニでも飲めることが話題となりSNSなどで広まっていました。

導入が広がれば「ちょい飲み」を実施している飲食店や居酒屋へ影響が及ぶとみられ、外食業界では「『生ビールとつまみを買っても500円。価格競争力が強く確実に客が奪われる』(大戸屋HD担当者)」(毎日新聞デジタル同記事)などと警戒の声が上がっていました。